Copy
CRASH Japan Newsletter
View this email in your browser

(English is below)

熊本地震被災者支援活動

~3ヶ月の活動を振り返って

  熊本、大分県で大きな地震(4月14日、16日。以後断続的に発生)が発生してから、三ヶ月ほど経ちました。依然として、今迄の日常とは異なる生活を余儀なくされている方々に、神さまの助けがありますようにと祈ります。私たちクラッシュジャパンでは、地震発生直後の4月19日・20日と2名で視察(アセスメント)に入りました。熊本市、益城町の被災された数教会を問安し、牧師、教会のみなさんと祈りました。その後、私たちは九州キリスト災害支援センター(以下、九キ災)に協力サポートする形で支援活動をスタートしました。九キ災の熊本センターが置かれていた熊本ハーベストチャーチは、物資とボランティアがごった返していました。私たちはオペレーションをサポートするためにスタッフ数名を派遣しました。内容は、ボランティアのデータベース化サポート、ボランティア受け入れと宿泊全般なサポート、心のケアなどのサポート役として奉仕をしました。また、東久留米のオフィスでは、国内外の100名を超える方々とコンタクトをし、特に連休中にボランティアを派遣するために奮闘しました。実際にはボランティアとして行けないけれどもと献金をお送り下さった方々も少なくありませんでした。祈り、献げ、ボランティアとして活動して下さったおひとりおひとりに、心から感謝申し上げます。
  さて、ボランティアとのやり取りが怒涛のような状況だった連休が過ぎてからも、断続的にボランティアやスタッフを送りました。やがて6月になり、ボランティアの募集形態を変更し、直接九キ災に申し込んで頂くことにしました。国内外からのボランティア希望者を九キ災に繋げる業務の他、被災地の牧師ファミリーの為の心のケアセミナーや、牧師方への傾聴、説教支援などの為に諸スタッフを派遣しています。
  九キ災では「熊本スマイル」(子どもケアプログラム)という名前で数々の企画をしています。私たちは、科学実験イベントの企画を提案し、7月30日に九キ災と共催する予定です。被災者支援活動がかなり長期化する様相の中、8月以降も私たちは「心のケア」を中心に活動をしていきます。被災された方々、また活動をしているセンタースタッフや、これからも駆けつけてくるボランティア方に寄り添うことに心がけて歩みたいと思います。今回の熊本大分地震被災者支援では、「オール九州」という表現に象徴されるように、九州各県の教会が、災害発生直後から迅速かつ積極的に活動をしてきました。また、ワールドビジョンや国際飢餓対策、クラッシュジャパンなどの諸団体が、九キ災に全面協力する形で、それぞれの特徴を互いに活かしつつ活動をしてきました。諸団体が被災者支援活動をしている教会にどのように仕えていくかは、今後の災害発生時に大切な課題です。クラッシュジャパンがその名前の如く、これからもキリストにある「希望」を届けていけますようにお祈りください。また、そうした歩みを継続していくための資金が満たされていきますようにお祈りください。 

永井敏夫 クラッシュジャパン代表

CRASH Relief Work in Kumamoto

Looking back on 3 months of activity

More than three months have passed since the series of big earthquakes hit Kumamoto and Oita prefectures on April 14, 2016. There are still many people who are barely managing their daily lives in stressful conditions without physical and emotional security. We keep praying that God’s love will reach them and comfort them.

Following the disaster, CRASH’s assessment team of two pastors was sent to Kumamoto to visit local churches and pastors, listen and pray together, and plan. Then we began our relief work in cooperative support of the Kyushu Christ Disaster Support Center (the Center), based in Kumamoto Harvest Church. We first sent a few specialists with experience in computer/information management, volunteer coordination and housing, and emotional care, to organize relief supplies and help accommodate the many volunteers who rushed to help in the disaster-hit area. At the same time, CRASH headquarters in Tokyo was busy contacting volunteer candidates within Japan and from abroad to prepare for their trips to the field, so that each volunteer could quickly begin hands-on work such as cleanup and relief supply deliveries with the heart of Jesus Christ. CRASH processed over 100 volunteer applicants – the peak of volunteer placement was during “Golden Week” (a cluster of Japanese national holidays between April 29 and May 8). Starting in June, volunteer registration and placement was delegated to the Center. so while CRASH continued to connect volunteers to the Center, our main activities became emotional care programs for disaster area pastors and their families, listening to their voices. covering the pulpit, and other assistance.
 
As part of the Center’s children’s emotional care program named “Kumamoto Smile”, CRASH is putting on a children’s science experiment festival on July 30th. As the work in Kumamoto is likely to be long-term, CRASH will continue in August and beyond to specialize in emotional care of workers, volunteers, and victims in disaster afflicted areas. We have also been blessed to see churches from around Kyushu getting involved, and we have been sending trained pastors to work as chaplains and holding training seminars for emotional care. As various organizations like World Vision, Food for the Hungry, and CRASH support the Center with each’s areas of specialty, we are learning how we can coordinate with each other in supporting local churches and be better prepared for when the next disaster strikes.
 
As the name “CRASH” implies, please pray that we can keep delivering hope in Jesus Christ, and that we would have the funds to effectively continue such work. Sincere thanks to each one of you who has prayed, donated and participated in volunteer work with much love for Jesus Christ.
 
Toshio Nagai, Director of CRASH Japan
Thank you for delivering "Love" in this disaster hit area!