Copy

WhyではなくWhatに目を向けてみる

awai 風のたより 47
このメールマガジンは awai / IDEEP INTEGRATION のウェブサイトでメールマガジンにご登録いただいた方・個人セッションやLab等をご利用いただいた方にお送りしています。
トルコ イスタンブールからのたより②

<<Name>>さん、こんにちは。
awaiの佐藤草(さとうそう)です。

6月の2週目、いかがお過ごしですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・


一昨日、イスタンブールのアジア側の丘の上にあるレストランでトルコスタイルの朝食をのんびり食べていたところ、オランダ人のパートナーが言いました。

「4月にトルコに来た頃、僕は、車が角を曲がるときに随分と内側を通って、その度に文句を言っていたでしょう?そのときは『運転手が僕を攻撃してる』って思ってたんだ。でも今は『車が内側を通ったな』ってただそれだけ思うようにしているんだ。そうしたらとっても楽に過ごせるにようになったよ」

この1ヶ月ほど彼は『嫌われる勇気』の英語版、そして『THE POWER OF NOW』(邦題:『さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる』)などを読んでいたのですが、自分が目の前に起こっている出来事に対していつも「なぜそれが起きるのか」を考えていたということに気づいたそうです。

「Whtを考えるのではなくWhatを観察する。それで十分なんだ」

という言葉に私もとても共感しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

心に波風が立つようなことが起きたとき、私たちは

「過去にある原因」と「現在起こっている結果」の関係を見つけようとします。

「何かを能動的にする人」と「その結果を受動的に受ける自分」の関係を見つけようとします。

そうすることで居心地の悪い感覚の中に止まることを避けることができます。

物事のつながりを理解したという安心感を得ることができます。

原因や理由を考えること、ストーリーを作ることは、私たちがより省エネで、納得感を持って毎日を過ごすことを後押しするために行っている自然なことでもあります。


しかしときに原因や理由を考えることが私たちを苦しくさせることもあります。


実際のところ、私たちに起こっていることの原因や理由を、何か一つに特定することができるでしょうか?

特定したところで、それを正しく(求める結果が出るように)操作することができるでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・

デジタルテクノロジーが身近になるほどに、私たちは、自分たちも「正しい入力をすれば正しい出力がされるものだ」と捉えるようになってきています。

「自分や他者に起こる物事はコントロールできるものだ」と無意識のうちに思うようになってきています。

コントロールをしようとすることは、私たちのマインドを不自由にし、他者との関係性も不自由なものにしていきます。



そこにあるものが自分にとって心地よくない感覚だったとしても、まずは起こっている出来事をただただ見つめてみる。

自分自身に起こっていることもただただ見つめてみる。


日々そんなふうに物事と向き合っていくことで、人生は軽やかになり、自分自身や関わる相手の持っている力も自然と発揮されていくようになります。

まずはぜひ、原因や理由を考えることではなく、自分自身や目の前に起こっていることをただ見つめることから始めてみてください。



*イスタンブールにも猫がいっぱい。猫の生き方に学んでいます。

お知らせ

6月・7月に開催するイベントのお知らせ

●ILP(インテグラル・ライフ・プラクティス)実践としてのアシュタンガヨガ(太陽礼拝編)

「ILP(インテグラル・ライフ・プラクティス)を実践してみたいけれど、一人では何から始めたらいいか分からない」「実践する仲間がほしい」という声をこれまで多数いただいてきました。

そこで今回、ILPに関する探究を一緒に行なっている仲間であり、アシュタンヨガを日々のプラクティスとして実践・探究している奥野雄貴さんとともに、より実践的な取り組みを開催します。

「インテグラル・ライフ・プラクティス」(IntegralLifePractice・ILP)は、アメリカの現代思想家ケン・ウィルバー(KenWilber)が、21世紀に生きる人々に向けて示した自己成長と自己変容のための方法論です。

−『 INTEGRAL LIFE PRACTICE ~私たちの可能性を最大限に引き出す自己成長のメタ・モデル~』より


*参加者それぞれがご自身のILPを豊かにできるような取り組みを広げていきたいと考えています。

▼こんな方に特におすすめです

インテグラル・ライフ・プラクティス(ILP)の実践に興味のある方
本来持っている力を発揮することに向けて心や体をととのえていきたい方
日常におけるヨガの実践に興味のある方

▼日時
2021年6月26日(土)JST 17:00-19:00

▼ご参加いただける人数
最大8名

▼開催方法
Zoom(オンライン)

▼参加費
10,000円 

▼詳細・お申し込み
こちらをご覧ください。

「今ここ」と「さらなる可能性」にともに向き合う取り組みとしてのILPの実践をみなさんと一緒に深めることを今からとても楽しみにしております!
 

●Self-Inquiry for Authentic Professional -Expansion-
コミュニケーションに関する意識そのものを更新・拡張し、関係性の質を高める

こちらは5月・6月に開催している内容と同じ内容です。
5月・6月の日程が合わなかったという方、ぜひご参加ください。

 

▼こんな方に特におすすめです

パートナーや家族など身近な人とより良い関係性を築いていきたい方
同僚や協働者と建設的な協働関係を築いていきたい方
コーチやカウンセラーとして関わる相手の力の発揮をさらに後押ししたい方 
より対話的、共創的なコーチングをしていきたい方
スキルの前提となっているメカニズムを知って、スキルの再現性や応用性を高めていきたい方
 


*コーチングやカウンセリングに携わる方に関わらず、 他者との関わりの質を高めていきたいという全ての方にご活用いただけます。

▼日時
2021年7月10日(土)、7月24日(土)JST 19:00-21:00(全2回)
 
*3から8名の少人数制にて開催いたします。
*ライブセッションは録画を行い共有いたしますが、両方の日程へのご参加を前提にお申し込みください。
 
▼参加費
20,000円(本案内をご覧になってお申込の場合18,000円)

▼詳細・お申し込み
こちらをご覧ください。

 


最後まで読んでくださってありがとうございました。

このメールマガジンにご返信いただく形で
いつでもあなたからのお便りを書いていただけます。
メールマガジンのご感想やその日のつれづれでも構いません。

いただいたお便り、うれしく拝読しています。


このメールは自由に転送ください。
あなたの大切な人にも小さな贈りものが届けられると嬉しいです。

あなたがこれからも静かな心とともに在れますように。


 
 
 awai 佐藤 草
awai
ことばとことばにならないもののあいだに
Copyright © 2019 awai All rights reserved.


このメールはDEEP INTEGRATION  / awaiにて
メールマガジンにご登録をいただいた方にお送りしております。
配信先メールアドレスの変更をご希望の方はこちらからお手続きください。
配信停止をご希望の方はこちらからお手続きください。

Email Marketing Powered by Mailchimp