Copy

内と外の境界を揺らす

awai 風のたより 61
このメールマガジンは awai / IDEEP INTEGRATION のウェブサイトでメールマガジンにご登録いただいた方・個人セッションやLab等をご利用いただいた方にお送りしています。
モロッコ マラケシュからのたより②

<<Name>>さん、こんにちは。
awaiの佐藤草(さとうそう)です。

9月もあっという間に折り返しに近づいていますが、いかがお過ごしでしょうか?


わたしはマラケシュで暮らしも約10日が過ぎようとしていますが、
日中の暑さにはまだ慣れず、暮らしのリズムをつくるのに試行錯誤をしています。

とりあえず元気でいられるようにとモロッコ名物のタジンを毎日もりもり食べています。
*お気に入りのカフェでの夕食。物価は安いのかなあと思っていたけれど、観光客向けの価格はギリシャの島と同じくらいです。


現在、滞在しているのはマラケシュの中でもメディナと呼ばれる旧市街の中。かつて、商業や経済、学問の中心として栄えた場所でもあり、現在は世界文化遺産に指定されているエリアでもあります。

メディナは周囲を約20kmに渡って壁に囲まれており、狭い路地が入り組んだメディナの中はロバが荷台を引いていたりして、たくさんの車の行き交うメディナの外とは別世界のようです。


*メディナを囲む壁。中に入ってみると…


*こんな感じです。スーツケースをリアカーで運んでくれました。


さらにメディナの中の建物も外側と内側では大きな違いがあります。

建物は赤茶色の外観で、違いや個性は全くと言っていいほどなく、とても質素な感じですが、中に入ってみるとビックリ!

リヤドと呼ばれるホテルのような宿泊施設であれば、内側の壁は真っ白に塗られ、さまざまな素材が長い時を経て調和しあったような美しい空間が広がっています。


*どこを見渡しても赤茶色の壁。

 

*扉を一歩入るとこんな空間が!最初に滞在したホテル、とっても素敵な空間でした。


現在滞在している家は伝統的なモロッコのおうちで、カラフルなタイルが用いられ吹き抜けから光が注いでとっても明るいのですが、初めてやってきたとき、玄関を開けるまでは「え、ここで大丈夫かな」とちょっと不安を感じたほどでした。


*現在しているおうちの外側。どの扉か分からなくなりそうなくらいです。


*内側はこんな感じ。真ん中が吹き抜けになっていてその周りをお部屋が囲んでいます。



メディナの外と内、そして家の外と内。

それぞれに全く違う世界をここに住まう人たちは必要に応じてつくってきています。

それはわたしたちも同じです。

職場での自分と家での自分。

知り合いに見せる自分と親しい人に見せる自分。

社会的な自分ととてもパーソナルな自分。


外の自分は建前の自分で、内の自分は本当の自分…。

本当にそうでしょうか?


わたしたちは成長のプロセスで「真の自己」と「偽物の顔」という2つの側面が自分にあることを感じるようになると言われています。

それは壊れやすい自己を守ろうとする自然な働きです。

一方で、「内=真の自分」「外=偽りの自分」という認識を持ち続けると、職場における自分や社会的な自分が本来の自分と分離しているように感じられたり、自分にとって大切なものを大切にできていないように感じ、「外の自分」でいることがどんどんと苦しくなっていってしまいます。

もちろん、何かどうしても心に沿わないことをしなければならずそれが苦しいと感じることもあるでしょう。

しかし多くの場合、内と外の自分の間に強固な境界線を引いている認識そのものが苦しさを生み出しているのです。


街や建物であれば、「内」と「外」の境界を明確につくることができます。

しかし人間はそんなにシンプルなものではありません。

わたしたちは白と黒の間にあるさまざまな濃淡のグレーのようなものであり、それがゆらゆらと動き続けています。


わたしたちの悩みの多くは、わたしたちの引く「境界」から生まれています。

何か課題や苦しみを感じるとき、もしくは世界を新たな視点で捉えたいときはぜひ自分が「こうだ」と思っている境界を揺らしてみてください。

それによってあなたの中の感性や力、想いもさらに発揮されていくかもしれません。

*バルコニーに咲いているブーゲンビリア。花びらだと思っていたピンクの部分はどうやら苞(ほう)と呼ばれる部分のよう。学術的な「花びら(花弁)」とわたしたちの感覚が捉える「お花」も違うんですね…。
お知らせ

●2021年10月の取り組み

10月23日(土)にICFの新しいコア・コンピテンシーをもとにした新しいPCCマーカー(プロフェッショナル認定コーチ(PCC)レベルのコア・コンピテンシーを実践していることを示す具体的な行動指標)に関する勉強会を開催する予定です。

詳細が決まりましたらまたご案内いたします。


●2022年1月から3月にかけての取り組み

対話者としての自分と深く向き合い、ご自身にとって大切なテーマを探究していくための共同探究会「CO-INQUIRY for Authentic Professional -対話者としての自分を深める・さまざまな自己を統合する」について、2022年1月から3月にかけての取り組みの優先案内受取のご登録を承っております。
優先案内を受け取った方からのお申し込みで満席となった場合、一般向けの募集は行いません。ご関心がある方はこちらからご連絡先等をご登録ください。

9月から始まった取り組みのキックオフに関連した記事はこちら:
あなたの中にはどんな自分がいますか?【統合とは何か】


●個人セッションのメニューについて

ご利用いただいている実績に合わせてセッションメニューを一部更新いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

 

*バルコニーによくやってくる猫。まだ距離があるけれど、仲良くなれるかしら。
最後まで読んでくださってありがとうございます。


あなたは今、どんな景色を見ていますか?どんなことを感じていますか?

このメールマガジンにご返信いただく形で
いつでもあなたからのお便りを書いていただけます。
メールマガジンのご感想やその日のつれづれでも構いません。

いただいたお便り、うれしく拝読しています。

このメールは自由に転送ください。
あなたの大切な人にも小さな贈りものが届けられると嬉しいです。


今日も世界の美しさに感謝を込めて。
 
 awai 佐藤 草
awai
ことばとことばにならないもののあいだに
Copyright © 2019 awai All rights reserved.


このメールはDEEP INTEGRATION  / awaiにて
メールマガジンにご登録をいただいた方にお送りしております。
配信先メールアドレスの変更をご希望の方はこちらからお手続きください。
配信停止をご希望の方はこちらからお手続きください。

Email Marketing Powered by Mailchimp