Copy

アジアとヨーロッパの間から

awai 風のたより 46
このメールマガジンは awai / IDEEP INTEGRATION のウェブサイトでメールマガジンにご登録いただいた方・サービスをご利用いただいている方・オリエンテーション等をご利用いただいた方にお送りしています。
トルコ イスタンブールからのたより①

<<Name>>さん、こんにちは。
awaiの佐藤草(さとうそう)です

新しい月、どのように迎えていらっしゃるでしょうか。

私は昨日、2ヶ月間を過ごしたトルコのイズミルからイスタンブールに移動してきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

イズミルからイスタンブールまでは飛行機で1時間ほど。

日本で言うと東京と大阪くらいの距離でしょうか。
(こう書きながら「トルコは本当に大きな国なんだなあ」と感じています)

イスタンブールにやってきてまず驚いたのはイズミルと全く雰囲気が違うということ。

空港から乗ったタクシーの運転手さんは終始電話やメールをしていて(とてもハラハラしました)目的地の手前で止まり、メーターに150トルコリラと表示されていたのに対してチップを含めて200トルコリラだと言ってくる始末。(それでも2,000円くらいなのでとっても安いのですが)

散歩をしていても、通りかかるタクシーから「乗らないか」という視線や声が頻繁に投げかけられてきます。

そして車を運転している人も道を歩いている人もよく大きな声で電話をしています。

「ここの人たちは随分忙しいみたいだね」
「イズミルの人たちの方が商売っ気がなかったかもしれないね」

と一緒に道を歩くオランダ人のパートナーも困惑した様子。

イズミルでも中心部のバザールでは「観光客向け」の呼びかけがたくさんありましたが、バザールを離れると基本的にはのんびり。

八百屋さんでもカフェでも薬局でも金額の端数を切り捨てて「60リラでいいよ!」と値引きしてくれていましたが、どうやらそれはイズミルらしいコミュニケーションの一つだったようです。

一方で今思えばイズミルの若い人たちは何となく似通った髪型やファッションの人が多かったのかなという気がします。

それに対してイスタンブールの人たちは(と言っても大きな街で、まだ滞在2日目なので一概には言えませんが)もっと一人一人が違っているような感じがします。

・・・・・・・・・・・・・・・・

私たちは自分が身を置く社会や環境は、空気のようなものです。

いつもは当たり前にそこで暮らしているのでその社会や環境がどんな特徴を持っているのに、なかなか気づくことはありません。

 

自分たちがどんなスピード感で暮らしているか。

どんな価値観を大切にしているか。

どんな言葉を話しているか。

 

そこから離れて、違う文化や慣習の中に身を置くことで初めて気づくことができます。

そこにある文化や慣習、特徴に気づかなくても何不自由なく暮らしていけるかもしれません。

しかしもしかすると、そこにある「当たり前」が、本当はもっと他にも選択肢や考え方があるということに気づかなくさせているかもしれません。

もしかすると、あなたにとってとても大切なものがすでにそこにあるけれど、それに気づいていないかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・

あなたが身を置く組織や地域、コミュニティにはどんな特徴があるでしょうか?

あなたにとって大切なものは、日々の暮らしの中のどんなシーンに隠れているでしょうか。


ヨーロッパとアジアの交わる場所で、また1ヶ月、いろいろなことを感じてお届けしていければと思っています。

画像1

*イスタンブールは東洋と西洋、過去と未来が混ざり合う場所。

お知らせ

6月に開催するイベントのお知らせ

●ILP(インテグラル・ライフ・プラクティス)実践としてのアシュタンガヨガ(太陽礼拝編)

awaiでは、「ひとりひとりが本来持っている力を発揮し、生き生きと毎日を過ごす」ことに向けた探究と実践を行う「Lab」を開催しています。

今回、ILPに関する探究を一緒に行なっている仲間であり、アシュタンヨガを日々のプラクティスとして実践・探究している奥野雄貴さんとともに、より実践的な取り組みを開催します。

「インテグラル・ライフ・プラクティス」(IntegralLifePractice・ILP)は、アメリカの現代思想家ケン・ウィルバー(KenWilber)が、21世紀に生きる人々に向けて示した自己成長と自己変容のための方法論です。

−『 INTEGRAL LIFE PRACTICE ~私たちの可能性を最大限に引き出す自己成長のメタ・モデル~』より

▼講座の概要
インテグラル・ライフ・プラクティスの概要を学びながら、ヨガの実践を通じて、ご自身の日常生活に取り入れるきっかけとなることを目指します。

・インテグラル・ライフ・プラクティス(ILP)の概要のご紹介
・アシュタンガヨガの概要についてのご紹介(ヨガ哲学・呼吸法含む)
・ヨガの基本動作、太陽礼拝の実践練習

* ILPでは、我々のなかにある「Body」(体)・「Mind」(心)・「Spirit」(精神)・「Shadow」(影)という4つの領域に着目して、それらの領域をバランスよく、かつ、網羅的に探求していくことの大切さが説かれています。

*ILPは意識の成長や変容を目指す目的だけでなく、毎日を心身ともに健やかに過ごしていくために、「自分自身の土台をととのえる取り組み」としても活用することができます。

*この講座では、奥野雄貴さんがILPの実践において重きを置いている「アシュタンガヨガ」というメソッドをご紹介するとともに、ILPの実践的に役立てていただくよう「太陽礼拝」というアーサナ(ポーズ)をできるようになることをゴールにしています。

*参加者それぞれがご自身のILPを豊かにできるような取り組みを広げていきたいと考えています。

▼こんな方に特におすすめです

インテグラル・ライフ・プラクティス(ILP)の実践に興味のある方
本来持っている力を発揮することに向けて心や体をととのえていきたい方
日常におけるヨガの実践に興味のある方

▼日時
2021年6月26日(土)JST 17:00-19:00

▼ご参加いただける人数
最大8名

▼開催方法
Zoom(オンライン)

▼参加費
10,000円 

▼お申し込み
こちらのお申し込みフォームよりお申し込みください。

「Be here now」を生きる取り組みとしてのILPの実践をみなさんと一緒に深めることを今からとても楽しみにしております!
 

6月に開催される楽しみなイベント

6月には色々なご縁でご紹介いただいた、参加するのが楽しみなイベントがいくつかあります。

AWAI Gathering vol.2 Eastern philosophy / あわいの集い vol.2 「東洋哲学:井筒俊彦の空海論と月輪観瞑想体験セッション -(川島俊之氏)」

屋号でもある「あわい」つながりで素敵なイベントを教えていただきました。創造学の研究者である井庭崇さんがEcological Memes Global Forum 2021 「あわいから生まれてくるもの - 人と人ならざるものの交わり- 」のキーノートセッションで語った『無我の創造』を、野中郁次郎や真言密教(空海)、井筒俊彦の視点から深めていくとのことで、とっても楽しみです。

境界線を揺らすことにご関心がある方に。

「成人発達理論×インテグラル理論」の実践的活用法 〜『人が成長するとは、どういうことか』出版記念セミナー〜

こちらも重なり合うご縁でご紹介いただいたイベント。草稿へのフィードバックに携わらせていただいた鈴木規夫さんの新刊の出版記念セミナーです。

変容や発達について、慎重に携わっていきたい方に。
(かなりのボリュームなので、読書会などでさらにじっくり深められるといいなあと妄想しています)

 

画像2

*6月の滞在先でも、「あわい」の世界をゆらゆらと味わっていきます。


最後まで読んでくださってありがとうございました。

こちらからはいつでもあなたからのお便りを書いていただけます。
メールマガジンのご感想やその日のつれづれでも構いません。

いただいたお便り、うれしく拝読しています。


このメールは自由に転送ください。
あなたの大切な人にも小さな贈りものが届けられると嬉しいです。

あなたがこれからも静かな心とともに在れますように。


 
 
 awai 佐藤 草
awai
ことばとことばにならないもののあいだに
Copyright © 2019 awai All rights reserved.


このメールはDEEP INTEGRATION  / awaiにて
メールマガジンにご登録をいただいた方にお送りしております。
配信先メールアドレスの変更をご希望の方はこちらからお手続きください。
配信停止をご希望の方はこちらからお手続きください。

Email Marketing Powered by Mailchimp